出版社、印刷・製本会社様向けセミナー

思わぬ 「落とし穴」 に陥らない、出版営業のポイントはこれだ!
出版営業の総合実務セミナー
~出版データの整備方法から効果的な告知まで~<終了しました>

「営業ツール」はもちろんのこと、「出版営業」の業務をより効率よく、効果的に行うポイントを解説します。

セミナー概要

旧「書店営業促進ツール活用術セミナー」を、今日的課題を踏まえ、内容を拡充しました。
今だからこそ確実に押さえておかなければならない、営業実務の極意をお伝えします。

●「ファックス注文書添削」など、ご好評いただいている内容はそのままに、
 ・出版データの整備
 ・近刊・新刊・重版のタイミングに合わせた工夫
 ・宣伝・イベントの告知
 ・SNS・自社サイトの役割と特徴 が拡充されました!

対象者

●出版営業の方(経験年数問いません)
●「営業」についてより深い知識を得たいとお考えの方
●「書店営業の基本セミナー」を受講された方
●旧「書店営業促進ツール活用術セミナー」を受講された方で、復習したい方にもおすすめの内容です

実施要項

日程:2016/09/08(木)
時間:13:30~17:30 (13:00より受付開始)
会場:トーハンセミナーハウス(東京都新宿区新小川町1-6)
受講料:8,000円(お一人様、税込み)
●お支払方法について 
 当日現金もしくは銀行振込にて承ります。
 *振込手数料は貴社のご負担でお願いいたします。

●お申込み後のご連絡
申込責任者様には「受付のご連絡」「請求書」を、受講される方には「当日のご案内」「会場地図」を郵送にてご案内いたします。
*開催1週間前までに連絡がない場合は恐縮ですが弊社までご連絡お願いします。
*お申込みが規定の人数に達しない場合は、中止させていただくことがございます。あらかじめ、ご了承ください。中止の場合は、1週間前までに申込責任者様宛にご連絡いたします。

セミナープログラム

1.はじめに ~営業が取り組むこと~                  
 書店営業/出版物データを整備し、広く知らせる/宣伝・イベント・告知
 多岐にわたる業務を的確に効率よく

2.営業はどんなときでも「プレゼンテーション」
 訪店も、チラシも、イベント告知も、すべてプレゼンテーション/プレゼンテーションとは最適化
 誰に向けた情報か/商品内容にあっているか/利用手段に合わせて調整しているか

3.目に留まるわかりやすいファックス注文書作成のポイント
 情報は少なく、メリハリのあるレイアウトを/販促チラシとファックスの違い
 ※大好評!ファックス注文書添削付き!

4.商品をPRするための営業の工夫
 POP/読者向け販促物/書店員向け特典
 電話営業の注意点

5.出版物データを整備し、広く知らせる
 正確なデータ/広く知らせる方法の確認と既知の問題点
 在庫情報の重要性

6.近刊・新刊・重版、それぞれのタイミングでのデータ整備と告知の工夫
 それぞれのタイミングで留意すること/その他、書評用献本など

7.SNS・自社サイトの役割と特徴
 SNSの特徴や利用傾向及び限界(Twitter・Facebook・Instagram・LINE他)
 自社サイトの意義

8.宣伝・イベントの告知
 一般向け宣伝/書店向け情報提供/(リアル)イベントの企画と告知の工夫
 告知対象者の違いを意識する

9.まとめ
 手段・対象者・商品に合わせて最適化する
 定型化・自動化の努力とあえて都度手動の区別
 最低限おさえておきたいソフトの知識

講師プロフィール

石塚 昭生 氏

書店店長などを経て、現在Webサイト製作会社の役員として出版サイトの設計・リニューアルなどを手がける。
トーハン・コンサルティング主催の、「書店営業の基本セミナー」、「出版流通の基礎知識セミナー」では、実務に即した講義で人気を博している。

【著書】
『石塚さん、書店営業にきました。』(ポット出版)
 ※現在品切れ重版未定 電子版もございます


*上記のコースは、当社カリキュラムの一例です。貴社のご要望をお伺いし、
カスタマイズしたカリキュラムをご提案申しあげますので、下記のフォームよりお気軽にお問合せください。

応募は締め切りました。
このページの先頭へ