スマートフォン版へ戻る

出版業界の基礎知識

配本に関して
仕入れ部数を決定した取次では、仕入れた商品をどの書店にどれだけの数を送品するかを決定する必要が生じます。 この作業を配本と呼んでいます。

取次の配本担当者は、仕入時に出版社から入手した商品の特性と、取引のある書店の特性、過去の販売実績等を加味して、配本数を決定していきます。

例えば、ビジネス街にある書店に対しては、ビジネス実用書を多く配本する、小中学校の近くにある書店に対しては、コミックやマンガ雑誌を多く配本するなど、商品の特性と、書店の規模・立地・客層などから、配本数が決められています。

上記の作業に関しては、基本的にデータ上で行われます。取次ではより現状に近いデータを配本に反映させる為、 書店の売上や返品などに関する実績データを随時更新しています。

データ上で配本数の目安を決めた後に、取次の各営業担当者や出版社によって調整・確認を行い、 最終的な配本数が決定されます。

このように出版社から取次を経る形式で出版物は書店に流通していきます。

ページのTOPへ
スマートフォン版へ戻る